ウーマン

脳の発達を進化させるnlpとは|スキルアップを目指そう

福祉サービスの相談役

男女

日本初の福祉関係国家資格

社会福祉士とは、福祉サービス全般の相談役を担う仕事です。日本初の福祉関係国家資格です。単なる相談役ならば資格を持ってなくてもかまいませんが、社会福祉士と名乗るためには資格がないと名乗れません。社会福祉士の受験資格を得るためにはいくつかの方法があります。福祉関係の大学を卒業すること、福祉関係の短大を卒業後実務経験を一年から二年つむこと、一般大学を卒業後実務経験を数年つむことなどです。年数などは法改正により変わることがあるので、その都度確認しなければなりません。必ずしも専門学校を出ないといけないわけではありません。新潟には社会福祉士になるための大学、短大、専門学校がいくつかあるため、なりたいのならばこれらの学校に通っておくのがおすすめです。

求められる人物像

社会福祉士として求められる人物像として、人と接することが得意な人、人の話をきちんと聞ける人、ニーズを読みとる能力がある人、行動力がある人などです。新潟で働く場合、社会福祉協議会や介護福祉施設、病院などが主な就職先となります。新潟では老人介護の現場が中心となるため、特に老人介護の知識や経験を持っている人が必要とされています。そのため、こうした現場でのアルバイト経験やボランティアの経験があると有利になります。新潟には専門学校もあるので、そういった実習をしっかり実施している学校を選ぶべきでしょう。現場で経験をつむことは、必要とされる能力を磨くことにもつながります。なるべく多くの実習や経験をつむようにしましょう。