ウーマン

脳の発達を進化させるnlpとは|スキルアップを目指そう

専門知識を生かして働く

レディ

女性が多い資格です

話す、聞くといったコミュニケーションや、ものを飲み込むことは普段当たり前のように行っている行為です。脳卒中や喉頭がんによる後遺障害でこれまでのようなコミュニケーションが取れなくなったり、生まれつきの障害を持つ人のリハビリを行う専門家が言語聴覚士です。言語聴覚士は医師を中心としてチーム医療を行うコメディカルの一員であり、国家資格です。言語聴覚士の養成学校や大学の当該学部を卒業後国家試験に合格することが必要です。リハビリは大変根気のいる作業であり、患者さんにとっては当たり前にできていたことができなくなったもどかしさから、精神的にも大きな負担がかかります。それを支える立場になるため、学校では心理学の講義も行われます。

目指すは一発合格

国家資格である言語聴覚士は、いくら学校を卒業しても国家試験に合格しなければ取得することが出来ません。資格がなければ、決まっていた就職先をあきらめなければなりませんし、翌年再び国家試験を受験しなおさなければなりません。新卒の国家試験合格率と比べ、既卒者の合格率は一気に低くなる傾向にあるため、一発合格できるようなカリキュラムがくまれた学校を選ぶ必要があります。同じ言語聴覚士の資格を取るにしても、学校によってカラーもありますし、力を入れているポイントが異なることもあります。自分がどのような言語聴覚士になりたいか考えて、それに合った学校を選ぶのが一番ですが、加えてその学校の歴代の卒業生の国家試験合格率もチェックするようにしましょう。