眼鏡とノート

脳の発達を進化させるnlpとは|スキルアップを目指そう

専門知識を生かして働く

レディ

聴く、話す、食べるという事の専門家である言語聴覚士は国家資格であり、養成学校を卒業後国家試験に合格することで初めて仕事に就くことが出来ます。どんな言語聴覚士になりたいか考えて、それに合う学校を選びましょう。

仕事や人間関係の問題

婦人

思考と言語のスタイル

nlpとは神経言語プログラミングの略で脳と言語をうまく動かすための取扱説明書といわれます。人は脳の五感と言語による体験を通じて日々の行動が決定するといわれています。nlpとは様々な考え方や受け止め方がありますが、より自分の能力を発揮して不安や苦手意識などを緩和して、自分の望む状態へ導いていくテクニックです。人のストレスの殆どは人間関係です。苦手な人や初めての人でも仲良く話したり、相手の気持ちを一瞬で変化させて感情をコントロールしたりするなどのスキルです。この他にもコミュニケーションに限らず、色んなスキルがありますが、仕事を通じてよりよく生きるために自分と相手を大切にし、人間関係をさらに豊かなものにしたいと望む人のための心理プログラムです。

自分を変えていく

nlpとは1970年代に米国で始まった言語学と心理学を組み合わせたコミュニケーション術です。人間関係の言語や感情などを共通点、原則に沿って体系的にまとめたもので、その効果の高さが評判になり多くのカウンセラーに広がりました。現在では医師や弁護士、教育や専門的分野でも幅広い分析や研究がされています。私たちは言葉を使ってコミュニケーションをとりますが、これらはすべて脳の働きで無意識に言語化されたものです。この脳の働きは視覚や聴覚、嗅覚や味覚などの五感による経験を脳が記憶して学習したものです。この経験で言葉の癖が出たり人の個性や性格が作られます。nlpとはこれまでの脳の経験を活かし、さらに望ましい人生を送れるスキルです。仕事の効果を上げることが出来たり、部下育成やモチベーションを高めたり、やりたいことの自己実現など現在だけでなく一度習得すれば、未来において活用できます。

大学院で経営学を学ぶ

スーツのメンズ

MBAとは大学院で経営学修士課程を修了することで取得できる学位のことを言います。時代の変化に対応するための戦略として注目を浴びています。働きながらMBAの取得を目指す場合には夜間の大学院への進学がオススメです。

福祉サービスの相談役

男女

社会福祉士は、福祉関係の相談役を担う仕事になります。日本初の福祉関係国家資格と言われています。なるには国家試験を受ける必要があり、福祉関係の大学にいくか、実務経験が必要となるようです。新潟にはいくつか大学があるため通っておく方がよいでしょう。求められる人物像とは、人の話を聞ける人やニーズをくみ取る力がある人などです。